「やってください」と「やりましょう」

うちの上司はやりましょうと言う。やってください、でもいいはずだが、受け手の印象はかなり違う。やります、という気になる。それを気づかせてもらえたのには感謝だ。山本五十六の、あの言葉がシンクロする。