スロージョギング

8日。休み。

3日から始めたスロージョギング。

j-wave田中宏暁という大学の先生のにこにこペース運動という、ゆっくり走っても十分に運動効果があるという話を聞いたのをきっかけに、最近体力の衰えをとみに感じていた自分として目から鱗でさっそく試してみたくなり始めた。

ちょうど会社で26日に終わった東京マラソンの話題の際、走るのが何が楽しいのか分からない、と言っていた人がおり、自分自身それに明快な答えができなかったのでその答えを探してみたい気持ちも漠然とあり、そのタイミングが合ったわけだ。

時速4~6kmが乳酸が出ないつまり疲労物質が出ないギリギリのスピードなんだとか。

でやってみると疲れないしこれはいいと初日は思ったし、これならフルマラソンもいけるのではないかという自分を省みぬぬぼれさえ覚えたが、5日経って4日走ってみるといくつかのことがわかってきた。

疲れが眠気という形で翌日以降襲ってきた。仕事中にこれはつらい。次にふくらはぎの筋肉痛。踵で着地しないフォアフット着地を推奨されており、それは良いが縄跳びをしているような状態になり、かなりふくらはぎの運動になっている。次に持病の腰痛が出てきた。ただこれはフォアフットを意識して走れば悪化しなさそうだし、痛みを取ろうと腹筋をする事になるから体力造りにはプラスに捉えた。

今後予想される次なる懸念は、走行距離が延びることで靴の合うあわないからくる痛みだ。これはこれから続けていくうちに判明してくると思われる。