愛犬の点滴

昨日13日、上池点滴2回目。
好転の兆しがあった。顔の表情が多少豊に戻った。目を見開き、眉毛の動きも戻った。
妻によれば夜中には、リビングまで来て、昔の定位置にある敷物に座ったり、テーブルの下に少しだがいたそうだ!
前日まで、玄関で突っ伏したままだったのに!
妻は先生との話しで、この点滴も延命措置といえる。いつまで続けるかの判断は必要になる、とのことだった。
連休までの18日、までで一つの判断にする、と妻は決めていた。
夜妻がよい言うのでウォーキングした。愛犬のことでとても気分でなかったけれど、と言って、妻の友達の習い事に行ったそうだ。そこでも泣いてしまったそうだが、僕と一緒にウォーキングしている、と言うのが皆から驚かれたんだと言っていた。