読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値

昨晩、塾帰りの息子が、会話の中で偏差値聞きたい?と言ってきた。一瞬聞きたい気持ちが先に出たが何も言えなくなった。良いのか悪いのかわからないが言い出し方からして絶望的なのだろう。悪かったら自分がどういう発言をしなければいけないかがわからなくなると思ったからだ。翌朝5時半から起きて、ゲームを始めた息子。本人の気持ちはわかっている。親の思いをどれだけ通すべきなのか。中学受験て親の思いと子供の希望ややる気のベクトルがそれなりに合わないとうまくいかない、ってことがわかってきた。