江戸小噺

子供達も学校がいつも通り始まった。塾帰りの息子と駅で待ち合わせして帰る。添い寝の時簡単な小噺をしてやった。大したオチではないし語りも拙いので説明が必要。息子はふんふんと聞いてなるほどという感じだった。理解されるのはいいんだが受けないのはなんとも居心地が悪い。